<   2013年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

裏原にハマった青春時代

今思えば、何であんなにお金を使っていたのか不思議でしょうがありませんが、大学生の頃は、いわゆる裏原ファッションというものにものすごくはまってみた時期がありました。

例えば、 Tシャツ一枚で10000円以上したりジーパン日本で50000円したり、シャツ1枚で20000円したりというようなとても高い価格ではあったのですが、そういうのを好き好んでブランド重視で買っていました。

一番有名な裏原ブランドと言えば、やっぱりペーシングエイプだったと思います。
あの猿のマークが入ったブランドのことで、裏腹に詳しくない人でも一度は見た事があるマークだと思います。

今ではどこかの国の会社に買収されてしまったみたいですが、当時は本当に原宿を代表するブランドの一つでした。

デザイナーの人も有名になり、アメリカの雑誌でも紹介されていましたし、今では確か芸能人と結婚して楽しくやっているみたいですね。

私が印象に残っているブランドは、ナンバーナインというブランドでした。

ここも非常に価格が高かったのですが、デザインがとてもかっこよくてそれを着てるだけで自分がオシャレに思えるくらいとても気に入っていたブランドです。

例えば私が勝ったのを覚えているのはコートで、値段は120000円もしたことをよく覚えています。

お財布に入っている現金だけでは足りなかったので、近くの銀行の ATM で貯金を下ろして買っていたりしました。

取り置きをお願いしても、すぐに売れてしまうので大体は断られてしまうことが多かったのですが、今日中に買うと言えば取っておいてくれることも多かったのです。

まだ自分の銀行預金に入っているお金を使っていた分だけましたったかもしれません。

高い洋服を買うためにローンを組んでいる人もいたので自分はまだ冷静だったと思います。

それで当時買った120000円のコートなのですが、実は、かれこれもう10年以上を経過しています。

それで、そのコートはどうなったでしょうか。
なんと、いまだに私は、冬になるとそれを着ることができているのです。

なんという長持ち具合でしょうね。

なので価格を年数で割ると1年で10000円のコートを毎年買っていたということに置き換えられると思います。

毎年お気に入りのコートを一万円で見つけるのは難しいので、まあ120000円だったけど、長く着ることができたので、それはそれで後悔はしていません。

というわけで、裏原のファッションブランドは、もちろん、高いだけで、すぐにだめになってしまう洋服を何度も買ってしまったことがありますが、上で説明したコートのように長く着られる良いお買い物も何度もしたことがあります。

まあ、ファションなんていうものは趣味と同じようなものなので、裏原ファッションに熱中した青春時代も悪い思い出ではないのではないかなと今になっても思います。
[PR]
by slimeslimes | 2013-05-30 23:34


裏原宿のファッションにハマっていた頃の思い出を語りたくなりました。


by slimeslimes

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2013年 11月
2013年 05月

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

リアルキューブ(REAL C..
at 2013-11-26 09:59
マルキュー
at 2013-11-24 18:47
裏原にハマった青春時代
at 2013-05-30 23:34

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧